情報とひとをつなぎ、健康にいきる社会を支える

 誰もが情報を発信でき、情報があふれる時代だからこそ、本当に「大切な情報」を「必要とするひと」に届けるしくみが大切になってきています。

 患者さんや生活者には前向きに治療や予防に取り組むための確かな情報を、医療者には目の前の患者さんを救うために役立つ情報を発信するメディアとして長年、情報発信に取り組んできました。

 医療や健康に関する情報は、間違いや誤解を招くものであってはなりません。この面でも、私どもの活動は、これまで多くの医療関係者、団体、企業と連携してきたことを高く評価いただいております。

多くの患者さん、専門職に信頼される情報発信

糖尿病ネットワーク

公開年:1996年
主なユーザー:糖尿病患者さん、医療関係者
月間ユーザー数:160万人
メールマガジン会員:約17,000人(患者さん)

詳しくはこちら

糖尿病リソースガイド

公開年:2009年
主なユーザー:医師、薬剤師、看護師
月間ユーザー数:20万人
メールマガジン会員:約16,500人(医療関係者)

詳しくはこちら

保健指導リソースガイド

公開年:2008年
主なユーザー:保健指導スタッフ、企業健康関連部署、医療関係者
月間ユーザー数:20万人
メールマガジン会員:約9,300人

詳しくはこちら

その他運営サイト(抜粋)

日本生活習慣病予防協会 http://www.seikatsusyukanbyo.com/

乳がん治療と乳房再建の情報ファイル http://nyugan-file.jp/

大人の健康生活ガイド http://kenkou-seikatsu.jp/

※メディアサイト以外にも病院サイト、省庁系啓発サイト、医療系学会サイトなどWEBサイトの構築、運営に多数実績がございます。